DTM

2017年05月03日


今回もミニマルテクノです
PCでサンプラーソフトを使って素材を選んで、打ち込んでいます

イメージとしてはPCで作ったものだけど、
ミキサーにたくさんの機材がつながった状態で、
ライブ感覚で抜き挿ししてる感じで作りました

メインPCがまだ直っていないので、サブPCで作成したので、
スペックとか音源とか問題あるけど、
とりあえずまあできることはやっておきましたw 



2017年03月10日

Sonarに付属されているソフトサンプラーのDROP ZONEをよく使っています
既存の音源も用意されているので、そちらも使用できるのですが、
サンプラーなので手持ちの音源が利用できます
僕の使い方は主にダンスミュージックでの使用です
主にドラム音源ですね
サンプリングのワンショットを読み込んで打ち込んでいきます

面白い使い方だと音階を割り当てられるので、
アレンジとして例えば虫の声や猫の鳴き声なんかを読み込んでみると、
音階で歌わせることができますね


909bdstep


そしてステップシーケンサーで打ち込みます
本来なら同じソフト上で作成し、
キック・ハイハット・スネア・・・
などを重ねてループを作っていくものだと思いますが、
単体で作っていってますね
後々のエフェクト挿入となると性格の違うものを一緒に置きたくないので・・・・


ドラムキットとして作るときはCyclonでパット登録してってと言う使い方でしょうかね

ここで音階は割り当てられるので、
気にいった音のとこを選択していきます


といった感じでパートごとでパターンを作成しそのパターンを並べていく感じですね

生演奏には生演奏のやり方がありますけど、
サンプリング音源があるならサンプラーを駆使して、
好きな音源を選んでって言うやり方ならサンプラーが良いですね

まあここら辺のことはどちらかというと、
SonarよりFLやLIVEのほうがやり易いかもしれませんね




自己紹介
作曲や音楽鑑賞
それにお酒と食事さえあれば生きていける
さらに言えばプロレスやアニメも少し加えておきたい

クレオフーガ
Youtube
ニコニコ動画
OK MUSIC
プロフィール

フェルデシア

Twitter プロフィール
Sound Cloud